介護に役立つ本の紹介10〜なぜ、認知症の人は家に帰りたがるのか〜

介護に役立つ本
ピョン太
ピョン太

※この記事では内容に広告・プロモーションを含みます

介護に関する本の紹介企画の第10弾

今回紹介するのは

恩蔵絢子さん、永島徹さん著書の『なぜ、認知症の人は家に帰りたがるのか』

やまちん
やまちん

介護士として興味がそそられるタイトル

始めに断っておくと、この本は認知症状のある方の帰宅願望を解決するのに特化した本ではありません

ピョン太
ピョン太

あ、そうなのね・・

著者の一人の恩蔵さんは脳科学者で、認知症状のある方がよくする行動や言動の「なぜ?」を脳科学の視点から分かりやすく解説してくれています

また

その「なぜ?」に対して私たち介護士がどのように関わっていけばいいのかのアドバイスも、この本の中に記してあります

認知症の方の行動理由がわかることで、認知症ケアの向上に繋げることができる

この本、メチャクチャ面白いです!!

それでは早速、いってみましょー٩( ᐛ )و

かいご畑

『なぜ、認知症の人は家に帰りたがるのか』の特徴と読んだ感想

著書の発行は2022年7月10日

出版は中央法規で価格は1600円(税別)

全222ページ

著書では34の事例を用いて、認知症状がある方のよくある行動を脳科学の視点から解説しています

なぜ、人物がわからなくなるのか

なぜ、デイサービスに行くと帰りたがるのか

なぜ、伝えたいことが伝えられなくなるのか

なぜ、夕方になると活動的になるのか

介護の仕事をしていたら一度や二度、、、どころか何度も出くわす場面を事例にしているので、その情景がスッと頭の中に浮かぶから内容も入ってきやすい

そして

事例の一つひとつの最後にはアシストポイントとして、関わり方のヒントも教えてくれます。内容はどれもシビアなはずなんですがイラストを織り交ぜながら大事なところはマーカーがしてあることで、堅苦しさが緩和されてスラスラと読むことができる

読むことができるのですが・・

一つの事例ごとに過去の入居者さんのことを思い出して、著書に書いてあるような対応をしていたらどうなっていたのか、こんなアプローチの仕方もあったなと回顧してしまい、なかなか読み進まなかったりします💦💦

また著書を読んで私が思ったことは

その人らしさを大切にする

この言葉を介護施設ではよく聞きますが、実際には「その人らしさ」よりも「安全」が優先されることの方が多い。それは自分も含めて認知症により何が苦手になっているのか、どういう心理が働いているのかという本質を理解できていなかったからなのかもしれません

ちょっと失敗したり危なそうだからといって、全てを介護士が代わりにやってあげるのが良い介護じゃない。それを続けてしまうとお互いを苦しめることになり、ひいては虐待に繋がってしまう

表面上だけの出来事に捉われず本質を理解すれば、どんなフォローが必要なのかも見えてくる

大事なのは介護士も、ご家族も、周りの方達も完璧を目指すことをやめること

そうすることで「その人らしさ」の実現に近づく第一歩を踏み出すことができると感じました

かいご畑

印象に残ったフレーズ

(老人ホームの研究で)失敗しても、不完全でも、自分でやる方が、入居者の幸福度が高く、活動度も高まることがわかったのです。どんなに小さなことでも「自分で何かができる」という感覚があることが、その人を支え続けます

海馬の萎縮により、生活の中で失敗がどうしても増えてしまうから、自尊心が脅かされてしまう。自信がなくなってしまう。だから自分を守る反応をする

お風呂に入れない理由は、個人によって異なるのでしょう。お風呂自体が嫌なのではなく、体調が悪かったり、外気温が低かったり、足が悪くて滑りそうだったり、裸を見られるのが恥ずかしかったり、人に介助されることがプライドとして許せなかったり、それぞれ不安に感じることが違うはずです。その意味で、何でも認知症のせいにするのではなく、もっと細かく脳以外の問題を分析する手伝いをすることが求められているのです

アルツハイマー型認知症の人は、社会的感受性が健康な人と変わりません。せっかく残っている社会性を維持し、新しい刺激を得るために、施設に行くこと、新しい習慣ができることは基本的にはとてもよいことなのです。施設は本人や家族にとって安心の場であり、新しい刺激が得られる場所と考えてはいかがでしょうか

夕暮れ症候群を起こさないためにも、記憶を整理するためにも、自尊心を高めるためにも、すべてによいのが散歩なのです

最後に

私は本を読んでて共感するフレーズがあったら、そのページの端に折り目をつけています

やまちん
やまちん

基本、買った本は売ったりしないので

いつもなら一冊のうち折り目をつけるのは5箇所前後くらいなのですが、この本は気づいたら折り目だらけに・・

それくらい内容が濃い!

何より面白い!!

入居者さんの対応に困ったら、この本を読んで基本に立ち返ったりもできる。一施設に一冊あってもいいんじゃないでしょうか

今回も素敵な本に出会えて感謝😆

最後まで読んでいただき、ありがとうございました

よかったら他の記事も読んでくれたら嬉しいです

宣伝コーナー

介護系の資格取得ならユーキャンがオススメ٩( ᐛ )و

ユーキャンのテキストは図解やイラストが豊富で初心者の視点でわかりやすく解説されていて、効率的に勉強を進めることができます

項目ごとに実践課題もあったりして、その都度自分の理解度を知ることも可能

また添削を提出すると講師からのコメント付きで返ってきたり質問をすることもできます

そういったサポートがあるのもユーキャンの魅力✨

ユーキャンの通信講座

ユーキャンについての記事はコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました